東洋アルチタイト産業株式会社は排気筒、パイプ、空調ダクト、オイルタンクを初めとした住宅関連機器のトップメーカーです

ダクト、スパイラル管、ベンチレーター、断熱材HEADLINE

HOME空調ダクト関連部材ステンレスベントキャップ
ベントキャップ
亜鉛鋼板製スパイラルダクト・部品 ステンレス製スパイラルダクト・部品
空調用スパイラルダクト部品 継手の種類 二重管部品
空調用フレキシブルダクト ステンレスベントキャップ
ステンレスベントキャップ
 ステン丸型(自然換気)  ステンU型(自然換気)  ステン丸型(強制換気)  ステンU型(強制換気)
丸型フード U型フード 自然換気 強制換気

■自然換気口(自然給排気)部品とは

 ●機械的換気装置を使用せず、室内外の空気の圧力差と温度差で起きる空気の流動で行う換気システムです。

 ●本製品は室内及びダクト内に雨水の侵入を防ぐために開口面積を狭く、水止めを設け、耐雨対策の工夫を施しています。
  また、基本的には防虫網が装着済です。

 ●強風雨時の雨水の侵入が懸念される箇所には室内側にシャッター付の換気口(丸型レジスター)が必要で、酸欠事故の恐 れの無いようにこまめな開け閉めをして下さい。


■強制換気口(機械的換気口)部品とは

 ●強制換気フードはアミ無し・水止め無しが標準です。

 ●機械的装置を使用し、室内外の空気を換気扇等の機械で給排気を行う換気システムです。

 ●換気扇等の圧力の損失を少なくするためにフード部品とガラリ部品の開口面積は大きく、金網は目詰まり防止のため付け ておりません。ダクト接続部の水止めは無しです。

 ●ダンパー部品は防火評定済みのバタフライ式防火ダンパーがセット済みです。


換気種類 第1種 第2種 第3種
 換気方法 自然換気口 機械的換気口 ベントキャップ
 特 長 給気・排気ともにファンで行うものです。
給気排気の量をバランスよく確保するには最も適した換気方法です。ファン能力に合わせ室内圧力の調整が可能です。
給気ファンと排気口からなるものです。
ファンで室内に給気し、吸引された空気により室内の空気が排気口から排出される換気方法です。
気密性能の確保が前提となります。
排気ファンと給気口からなるものです。トイレや台所など、臭気、熱気、汚染空気の発生場所に排気ファンの設置により、これらの拡散防止が可能です。
室内圧が低くなるため壁、床等の通気止め等の対策が必要。

注意

 ●網部にほこりなどが付着すると風量低下、異音発生の原因になりますので、網部のほこりなどは定期的に取り除いて下さ い。目詰まりは、歯ブラシ又は綿棒でほこりを落とし、掃除機等でほこりを吸い取るようにしてください。

 ●表面についたほこりや鉄粉などはやわらかい布で軽く拭き取って下さい。

 ●指紋や油などは、水溶性の中性洗剤をやわらかい布につけて軽く拭き取り、乾いた布で水気を完全に拭き取るようにして 下さい。

 ●金属製のブラシや研磨材入りの洗剤などは、キズの原因となりますので、ご使用をお避け下さい。

 ●酸性またはアルカリ性の洗剤(塩酸・硫酸・タイル洗浄剤等)は変色を起こす恐れがありますので、ご使用をお避け下さ い。

 ●外気温と室温の温度差や湿気により換気口の結露が生じることがありますので、乾いた布等で綺麗に拭き取って下さい。

 ●金網付製品は厨房等で使用しないでください。油煙付着による目詰まりで通気量が減少することがあります。また、目詰 まりによる酸欠事故を防ぐためにも定期的な清掃メンテナンスが必要ですので必ず実行してください。

 ●本体は強い防錆力がありますが、海岸近くなどの塩害の強い地域や塩素ガス・腐食性ガスの発生するところでは、錆が発 生することがあります。

 ●化学薬品を使用する場所には取り付けないで下さい。また、本体には化学薬品(酸、シンナー等)がかからないように注 意して下さい。

 ●落下による怪我や水漏れを防ぐため、取付またはシーリングを確実に行ってください。

 ●加工面などでケガをする恐れがありますので取扱時には作業手袋を着用して下さい。

 ●高所施工作業の際は、転落事故の無い様必ず安全対策を確認のうえ実行して下さい。